MENU

地域密着型の医療機関として

医療法人社団 星野会 星野胃腸科外科は1976年10月に開業いたしましました。その後40年以上に渡り、小山市の地域医療に貢献すべく、一般的な内科から専門外来までを開設してきました。

星野胃腸科外科からのお知らせ

診療時間と医師のご紹介

世代を受け継いで

開業から40年の時を経て、2018年4月より星野胃腸科外科院長に星野敦が就任いたしました。 当院は1976年10月に先代である星野聰が開業し、以来地域医療に尽力して参りました。

診療時間
9:00-12:00
14:00-18:00

土曜午後に予約制の専門外来を開設しています。

診療科目

胃腸科

腹部の痛みや吐き気、胃や腸の不調への治療を行います。

外科

外傷(骨折は除く)の処置、傷の縫合、悪性の病気への治療を行います。

一般内科

軽い風邪から高血圧、糖尿病などの慢性疾患の治療まで幅広く対応しています。

小児科

一般的な風邪など、小児によく見られる症状に対応し、必要に応じて専門医を紹介いたします。

肛門科

痔(出血や痛み)、膿(ウミ)などでお悩みの方へ治療を行います

内視鏡内科

胃カメラ、大腸カメラを利用した検査及び治療を行います

専門外来

炎症性腸疾患と呼ばれる病気の専門外来を開設しています。

当日検査に対応しています

少しでも早くご不安をなくすために

検査のために受診・日を改めての検査・結果説明のため受診と度重なる来院では、忙しい現代社会において患者さんの時間的な負担になるばかりでなく、症状によっては不安を抱えたままの患者さんにとっては気持ちの負担にもなります。星野胃腸科外科では患者さんに時間的な負担をかけず、不安を早く解消できるようにできる限り予約無しで当日の検査・処置に対応しております。

専門外来

主にクローン病と潰瘍性大腸炎という2種類の病気(炎症性腸疾患)を、院長による専門外来として診察しております。

    PAGE TOP